任意整理との違いについて

任意整理と個人再生の違いを徹底解説

債務整理をする場合には、借金、生活、個々の事情、状況に応じて選択する必要があります。どのみちデメリットとして信用情報機関に事故として記載されてしまうことがあげられますが、個人再生と任意整理の違いを知ることも重要としています。それぞれのメリットを活かし、自分にあった借金の整理をすることで早くに再生の道へ進むことができるとしています。

 

そこで様々な理由として多重債務に陥る人や借りたお金を返済することが困難としている方では、そのままにしておくことで更に問題を複雑化してしまうことが考えられます。ここでは個人再生と比較しながら任意整理の特徴をまとめてみましたので、今後の借金問題解決の参考としてみてはいかがでしょうか。

 

任意整理を簡潔に説明

 

  1. 裁判所を通さない唯一の債務整理方法
  2.  

    個人再生では地方裁判所への申し立てが必要となりますが、任意整理においては裁判所を通すことなく直接債権者との話し合い、交渉を行い和解とします。

     

  3. 困窮度が低い場合の法的手段
  4.  

    借金の総額に加え生活状況により返済が困難とする場合の困窮度合により、債務整理の方法を選択します。そのなかでも一番困窮度が低いとされている場合に手続きを行います。

     

  5. 利息制限法により減額、将来の利息カット
  6.  

    個人再生のように大幅な借金減額とはなりませんが、毎月の返済額を減らすことができます。

     

  7. 債権者を選択できる
  8.  

    任意整理では債権者を選び借金整理をすることができます。そのため携帯のクレジット払いや車のローンなどを対象外とすることで残すことができますが、もちろんその分の支払いは圧縮することはできません。また個人再生ではマイホームを残すことできますが、それ以外の債権者は全て対象となり債務整理を行う必要があります。そのためカーローンとしている方においては車は強制的に引き上げられてしまいます。

 

専門家に依頼するべき?本人でも可能?

 

任意整理の手続きはそれ程個人再生に比較しても複雑ではありませんので、一人で行うことも可能としています。しかし法律的な専門知識もやはり必要とし、何よりも債権者との交渉ではスムーズに和解とすることは難しいとされています。また多重債務となれば何件もの債権者のところへ足を運ばなければならず、体力、労力も必要とし会社勤めであれば仕事を休みながら進めなければなりません。

 

そこで任意整理を得意とする司法書士や弁護士に依頼することで、借金の減額交渉や無理のない返済計画など満足できる結果として和解とすることが期待できます。

 

過払い金発生で借金がゼロ?

 

手続きをする際には利息制限法により引き直し計算をしますが、その際には過払い金が発生しているケースも多く見られます。時効まじかともしていますが、まだまだ対象としている人も存在しているようです。そこで任意整理を行うと同時に過払い金請求を行うことで、取り戻したお金で返済することも期待できます。