民事再生との違いについて

民事再生と個人再生の違いについて

資金繰りに行き詰っている会社や経営が破綻状態としているところでは、債権を図るとして民事再生手続きを行うところも多く存在しています。事業を継続しながら建て直すことができるとしていますが、個人再生と民事再生の違いはどの様なものか気になる人もいるのではないでしょうか。

 

どちらとも再生を図るとして借金の大幅な減額とし自宅、財産を失うことなく分割で返済することで借金問題解決ともします。ここではそれぞれの比較をしまとめてみましたのでご覧くださいね!

 

個人再生と民事再生の違いとは?

  • 借金の減額制限
  •  

    個人再生の場合には、最低弁済額か清算価値のいずれか多い方の金額を最低でも支払わなければなりません。また給与所得者等再生の場合には、先ほどの2つに加えて可処分所得も含めた中で最も金額の大きいものを支払う必要があります。そして民事再生では清算価値保障の原則さえみたしていれば、減額の制限はありません。

     

    最低弁済額 債務や所有財産の状況に応じて決定される返済額
    清算価値 所有する財産を時価相当額で計算した金額
    可処分所得 収入から税金や保険料、市町村で定められた生活費などを控除した額

     

  • 債務の制限
  •  

    住宅ローンを除いた借金総額5,000万以下としている個人再生に対して、民事再生では借金の上限がありません。

     

  • 再生計画案との要件
  •  

    計画案が認可されるためとして個人再生では、債権者の過半数および債権額の2分の1以上の同意が必要となります。そして届出を出さなかった債権者は賛成とみなされます。しかし民事再生では反対とみなされてしまいます。

     

  • 手続きの費用
  •  

    個人再生では再生委員を選任する必要がある場合があり、報酬としておよそ15万円程としています。そして民事再生では監督委員を必ずつける必要があり、最低でも200万はかかるとして費用にも大きな差がでてきます。

 

個人再生は個人、事業主を対象とした債務整理としており個人民事再生とも呼ばれています。そして民事再生は主に、中小企業を対象とした会社再建を図るためとしての債務整理で大手企業においても行うところもあります。

 

民事再生の手続きは複雑としており、債権者集会を行わなければならず積極的に交渉、話し合いをする必要があります。認可されなければ倒産も視野に入れなければなりませんので、最善の結果とするには経験豊富で実績のある法律事務所に依頼することも重要となるようです。