個人再生後は住宅ローンは組めない?

個人再生後は住宅ローンは組めない?審査の落ちる?

結婚後もしくは結婚を前にして個人再生を行ったとしても、家族が増えることでマイホーム購入を夢見る人も多いようです。しかし借金の大幅な減額とはしたものしばらくの間はカードローンやキャッシングなどによる借入れができなくなってしまうことは承知のうえでもあるようです。

 

そのため個人再生後には住宅ローンが組めないとして諦めてしまう方も少なくないようです。しかしそれは決して不可能なことではなく、実際に個人再生後にマイホームを購入することができたという人も存在していますので諦める必要はないようです。

 

個人再生後に融資は受けられる?

 

債務整理をすることにより信用情報機関に金融事故として記載されることとなります。金融機関や貸金業者においては新規の借入れや融資の際には、それぞれの機関に与信をします。そこで記載されていれば、何らかの問題があるとしてお金を貸すにあたっては信用できないとして審査が通過することは残念ながらありません。

 

そこで住宅ローンにおいては特に多額となりますので、慎重に審査されることとなります。そのため信用情報機関に事故として記載されている場合はほとんどと言っても良いほどに審査が通ることはないようです。ですが個人再生してその後事故情報が削除されれば、債務整理した事実を知られることはありませんので安心しても良いようです。

 

しかし債務整理した金融機関においては、申込みをすること事態、無意味となります。それは5~10年たち事故情報が削除されたとしても、自社の取引履歴が保存されているため信用ゼロで損害を与えた人として消えることはありませんので覚悟しておかなければならないようです。

 

 

個人再生後に住宅ローンの審査が通るには?

 

先ほども申しましたが信用情報機関に事故として記載されている間は融資を受けることはできませんので、削除してから住宅ローンを組むことをおすすめします。そこでこれまでに債務整理した金融機関を対象外として融資先を検討する必要があります。

 

またローンを組むのであれば無理な借入れをすることで再度、債務整理を行わなければいけない状況に追い込まれることも予想されます。ですのでマネープランをしっかりと立て、収入に見合った住宅ローンを組むことが大切となります。

 

そして事故情報が削除されたからといって必ずしも審査が通るとは限らないようです。多額の借入れとなりますので、現在の収入や勤続年数など属性を重要とするところが多くありますので、それを踏まえて住宅ローンを組む必要があるようです。そのためには個人再生後の生活は大事で、安定した給料としているところに定職につききちんと計画通りに返済することが大切となります。