個人再生とブラックリスト

個人再生とブラックリストの関係性

個人再生手続きをすることで借金が全額免責とはいかないもの自宅を手放すことなく、大幅な債務減額となり借金問題を解決することができます。しかしデメリットとして、ブラックリストに掲載されてしまうことがあげられます。そこでどの様な影響があるものか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは債務整理の個人再生とブラックリストの関係をまとめてみましたので、今後の参考としてご覧くださいね!

 

ブラックリストとは?

 

債務整理の任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の手続きをすることにより、信用情報機関に金融事故として記載されてしまうこととなります。そしてそのことをブラックリストに載るとも言われていますが、そもそもリストというものは存在しません。また携帯電話の滞納やカードローンの延滞により、ブラックに載ることもあります。

 

信用情報機関には株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)があります。

 

ブラックリストの影響とは?

 

クレジットカード、カードローンが作れず、お金を借りることはできません。銀行や消費者金融、貸金業者はお金の借入れの際には信用情報機関の与信をするため、ブラックとして情報が記載されていればお金を貸すことはありません。貸す側にしてみれば返済能力の他に信用も重要としていますので、貸したお金が返ってこないとなると大きな損害となりかねませんので当然のことでもあります。

 

そして新たな借金ができないだけではなくこれまでに使用していたクレジットカードなども使用できなくなってしまいます。個人再生の場合は債権者を選択することはできませんので、これまでに使用していたものは全て対象となります。反対に任意整理の場合では債権者を選択することができますので、除くことで借入れすることはできますが更新の際には与信されてしまいますので再契約は難しくなります。

 

ブラックリストから削除されることにより、今後借入れはできるようになりますが債務整理した貸金業者、金融機関からはこれからもお金を借りることは難しいと考えた方が良いようです。債務整理をしたことですでに損害を与え信用をなくしてしまっていることが理由となります。

 

それぞれには自社による過去の取引情報を保有しているところが多くありますので、それらは一生消えないものとしています。しかし他の貸金業者であれば、新規契約することができ借入れることができるようになります。

 

ブラック情報が削除されるまでの期間とは?

 

信用情報機関により掲載期間はそれぞれとしていますが、目安としては5~10年を目処と考えておきたいものです。個人再生の場合では裁判所に認められてから掲載されますので、再生計画案が5年としていれば完済まじかには削除されていることも考えられるようです。しかし反対に情報機関によっては5年経過しても、まだ削除されていない場合もあり目安として5~10年と言われています。

 

ブラック情報が消えれば、今後銀行や貸金業者が調べても債務整理をした事実は知られることはありません。しかしここで注意点として計画通りに返済ができずに延滞してしまった場合には、再度ブラックとして掲載されてしまいますので5年を経過したとしても削除されることはありません。